No.42 蒼龍(SOURYUU) 
作 者
竹本 喜道
詳 細
 
 
年 代
1872年
船 籍
日 本
 
 
縮 尺
1/50
製 作
スクラッチビルト
 
 蒼龍は明治天皇御召艦として、幕府から接収したばかりの横須賀造船所で明治2年に起工され、明治5年に竣工した。蒼龍は内海用お召艦として東京湾内で運用されたが、時には相模湾に出て江の島まで巡航した。兵器装備の無い豪華ヨットの如くであったが海軍が運用したので軍艦扱いとなった。
建造予算書、建造仕様書、エンジン仕様書などの文書資料は残っているが、設計図面資料は残存しない。船廠史の挿絵に残るイラストを参考にして創作復元した。御召艦の風格を出そうと腐心したが如何なものか。無断で天皇旗を掲げたがその筋からお叱りを受けるかもしれない。

toTop