No.34 ファルーチョ船サン・ファン(El falucho SAN JUAN) 
作 者
春田 一茂
詳 細
 
 
年 代
1824年
船 籍
スペイン
 
 
縮 尺
1/70
キット
オックレ
 
 19世紀初頭、独立戦争後も残ったアンティル諸島の植民地との貿易路を再開すべく最初の航海をしたのが本船である。当時本国には小型沿岸貿易船しか残っておらず、同船は乗員わずか7-8人で合衆国の私掠船が多いこの危険な海域を航行しこれを成し遂げる。その勇敢さから"エル・グロリオソ"(栄えある船)と敬意をもって呼称された。船型はカラベル船の系譜に属する。塗装と艤装はネット上の古い絵葉書等を参考にした。ファルーチョ船は20世紀に入っても長くスペイン沿岸地方の物流を担ったようである。小銃砲を装備し沿岸警備船としても活躍したようだ。

toTop