No.20 カッター・シャーボン(HM CUTTER SHERBOURNE) 
作 者
加藤 嘉明
詳 細
 
 
年 代
1763年
船 籍
イギリス
 
 
縮 尺
1/64
キット
ジョティカ
 
 カッターは、英国南東部で18世紀の第2四半期中に生まれ快速艦として活躍しました。カッターはその速度で直ぐに評判を得、密輸帆船として利用されたりもしました。その密輸者の取り締まりのため英国税関もカッターを導入することになり、連絡用ヨット、定期船および戦時中に私掠船としても役だちました。本船はかの有名なヴィクトリーの設計者であるトーマス・スレイド卿が設計1763年に造船、進水させたもので、1784年売却されるまで小さな艦船として非常に長い20年以上のキャリアを全うした船です。
(全長16.6m、幅5.7m、喫水2,4m、定員30名、重量85トン、3ポンド砲、スイバル10)

toTop