No.17 千石船(弁財船)(SENGOKU BUNE) 
作 者
安田 光
詳 細
 
 
年 代
1700年
船 籍
日 本
 
 
縮 尺
1/30
キット
ウッディ・ジョー
 
 弁才船、千石船と呼ばれ、江戸時代から明治時代にかけて活躍した和船です。弁才船というのは、中世末期から瀬戸内海を中心に発達した日本独特の大型木造商船です。千石船というのは、米千石(150トン)約18万リットル積載できるところから来ています。弁才船は、総称、船の型から一般的な上方弁才船と、北前船と呼ばれる2種類に分類され、菱垣廻船、樽廻船は上方、弁才船に含まれ、廻船とは、商船のことを呼んでいたと考えられます。物資輸送を廻船と呼んでいました。

toTop