No.61 窓飾り(Fensterbild) 
作 者
戸田 インゲボルグ
詳 細
 
 
年 代
-
船 籍
-
 
縮 尺
-
製 作
編み物
 
 ヨーロッパ、特に北欧では季節や行事ごとにそれに合うモチーフをかぎ針で編んで窓に飾ります。色は白が主に使われますが、赤も見られます。作品の模様は棒針の図案でしたがかぎ針用に直しました。旗と帆の向きが同じでなければいけないのですが、バランスが取りにくいため変えずに図案通りに作りました。レース糸で編んでから洗濯のりで固め、額を窓に見立てて結んで仕上げました。展覧会場の壁が白いので薄い生地を裏に張ってあります。

toTop