No.30 ヌラギア舟(Shardana Nuragic Ship) 
作 者
戸田 インゲボルグ
詳 細
 
 
年 代
16世紀
船 籍
サルディニア
 
縮 尺
1/35
キット
CCVモデル
 
 この船は紀元前16世紀からサルディニア島に絵や彫刻として遺されている。最近までこの船は海岸近くや湖などでしか使えなかったと思われていた。しかし、近年北アフリカ、トスカーナ、バレアーレン諸島で間違いなくヌラーグ族のものであると云う考古学的遺物が発見されたので外洋航海にも適していたことが分かった。とは言え、潮の流れと風向きを考慮しなければならなかったので、7月から8月前後にしか航海できなかったと思われる。特徴は、巨大な船首像と「白鳥の首」(Chinisco)に針金またはロープで縛られた動物の頭だが、これが何の目的だったのかはっきりとは分かってない。

toTop