No.22 ロレノク(L'ORENOQUE) 
作 者
間宮 靖宏
詳 細
 
 
年 代
1848年
船 籍
フランス
 
 
縮 尺
1/100
キット
マモリ
 
 ロレノクは、1848年フランスで初めて機帆両用推進機関を有した代表的なフリゲート艦として建造された。総排水量2,568トン、最新式のスティームエンジンを有しながら、か つ、この時代のフリゲート艦の典型的なマスト帆走機能をも有していた。武装に類する装備は殆どしておらず、もっぱら兵員輸送に機動的に使用されていた。巨大な外輪車と多様な甲板構造に特徴があった。  使用材料の表示がなく、設計図等の突合せが難しく、そのため使用材について部位によっては勝手に判断し、使用したので自信がない。

toTop