logo-e

現在位置 : ホームの中のコンタクト

contact

極まれにですが、通信用の各欄の記入方法が今一自信がないからというだけの理由で各種の通信を行わないで我慢している方がいます。そのような方のために老婆心ながら書き方の説明を加えてみました。 内容に応じて次の3つの方法があります。要領がわかっている方はどうぞトップメニューから直接ページに飛んで下さい。
 当会は、会員に限らず一般の方々とも交流を希望しております。船に関することならあえて模型には限定しません。ご質問やいろいろな情報提供、それらに対する更なるコメント等、会話の輪を膨らませて下さい。

  ○談話室利用手順

  ○メールボックス利用手順

  ○リンクサイト利用手順



談 話 室

従来は画像談話室と単なる(画像添付のない)談話室がありましたが、両者の機能がほぼ同じくなったため画像を扱える方の「談話室」に統合しました。
 談話室は、文章と、必要に応じ画像を添えて投稿できる交流の場です。文章というとまた構えてしまうかもしれませんが、要は自分の伝えたいことだけを簡潔に書いて投稿すればよいだけの話です。季節の挨拶や、仰々しい敬語などは要りません。普段話している言葉をそのまま表現して下さい。掲示板や伝言板と同じ意味合いですが、それらの一方通行的なイメージでなく、話を弾ませるという意味を持って談話室と命名しています。 ここをご覧になったときは、既にいくつかの投稿があると思いますので、その書き方を参考にされたらよいと思います。 さて、どこに書くのかということですが、 ページの冒頭に枠で囲んだいくつかの欄があり、そこに以下の説明を参照しながら書き込んで下さい。
 メッセージの他に必要に応じて写真やイラストなどの画像データを添付することができます。「百聞は一見にしかず」のことわざ通り、どのように修飾しても足りないような情景が、その画像を添付することで100%伝えられるというアドバンテージを持っています。旅行やイベントで撮った写真などを題材に、談話室を華やかに盛り上げて下さい。帆船と共通するロマンを持ったものなら大歓迎です。尚、画像の添付はオプションであり、画像添付のないメッセージだけでももちろん投稿は可能です。

◎投稿者

あなた自身の名前を記入する欄です。氏名を書くのが普通ですが、名前がわかるのがいやだという場合は、ハンドルネームやニックネームなどでもかまいません。でもここは、応答する人が引用しますので必ず入力することと、途中でその名前を変えてしまわないようにして下さい。

◎メール

あなたのメールアドレスですが、これは必須項目ではありません。メールアドレスの記入があれば、投稿者名にリンクが張られ、内容によってはあなたと直接のやり取りができるようになりますが、記入がない場合は投稿者名は黒色で表示され、当談話室の中だけでのやり取りになります。

◎題 名

投稿の内容を簡潔に表す言葉を入れます。自分がその件について最初の投稿である場合は、「○○について」とか、「△△のやり方」などと書き、誰かの問いかけに答えるときは、「○○さんへ」とか「△△に回答します」という具合です。談話室では、メッセージを特定した返信ボタンのようなものはありませんので、適切な題名の表示でどの投稿に対する応答かをはっきりさせるようにして下さい。

◎内 容

伝えたい内容(メッセージ本文)を書く欄です。 自分の伝えたいことだけを簡潔に書いて下さい。 文字を続けて入力していくと右端で自動的に折り返してくれますので文章の途中で改行する必要はありません。改行は意識して行を変えたいときにのみ行います。 記入枠は小さいですが、文章を入力していって、下端までくると自動的に上方にスクロール(巻上げ)していきます。入力文字数には特に制限はありませんが、談話室の性格上、小説みたいに長いものはご遠慮下さい。 書き終わった文章は、枠の右端にあるスクロールバーで上下に移動させて確認することができます。

◎画像の添付

内容欄には「入力補助」、「画像・ファイル」、「お絵描き」の3つのタブが表示されています。画像を添付するときはこの内の「画像・ファイル」タブをクリックします。内容欄の下に投稿したい画像を指定する欄が3つ出てきます。 すぐ右隣にある「参照」ボタンをクリックするとあなたのPC内のファイル一覧画面が表示されますので、「ドライブ名」→「フォルダ名」→「ファイル名」の順にクリックしてファイルを特定して下さい。選択画面の「開く」または「OK」ボタンをクリックするとファイルがそのパス名とともにこの欄に入力されます。 ファイルパスとファイル名をしっかり記憶している場合は、この欄に直接入力してもかまいません。 画像は1つの投稿に3個まで添付することができます。「.jpg」または「.gif」という拡張子がついた画像ファイルを利用することができ、送付可能なファイルサイズは200KB以下です。 また、「.bmp」という拡張子の画像はWebページでは扱えませんのでご注意下さい。 選択した 画像はページ内に収まるように自動的にサイズを調整して表示されますが、閲覧時にその画像部分をクリックすると 本来のサイズに拡大(または縮小)して表示することができます。

◎URL

本文の中で参照してもらいたい Webページのアドレスがある場合はここに入力します。

 以上で記入は終了です。投稿手続きは、単に題名の脇にある確認ボタンをクリックするだけですが、参考までにその中の手順を他のボタンと併せて以下に説明しておきます。

◎確 認

題名脇にある「確認」ボタンは、上記手順で作成したメッセージを談話室のページに表示して公開するための最初のボタンです。 メッセージなどは作成しただけではまだあなたのページ内でしか表示されないため、公開するには必ずこの「確認」ボタンをクリックして下さい。クリックすると「投稿内容の確認」画面が表示され、そこには「投稿」と 「戻る」の二つのボタンがあります。さらにそれらのボタンの上に「認証コード」の 入力欄があります。慌てることはありません。認証コードとはそのすぐ上に表示されている 6桁の半角英数字で、それをそのまま入力すればいいのです。 入力は大文字、小文字いずれでも構いませんが、メッセージを入力した直後では日本語入力モードがONになったままですので、必ずOFFにしてから認証コードを入力して下さい。認証コードの入力が終わって、投稿する場合は「投稿」ボタンをクリックして下さい。内容を修正したり、投稿を中止したい場合は「戻る」ボタンをクリックします。 迷惑投稿を制限するために最近このように手順が変更されました。これで投稿は終了です。「掲示板に戻る」ボタンをクリックして投稿されていることを確認してください。

◎消 す

投稿以前に、投稿を中止したい場合はこのボタンをクリックして下さい。今まで記入した内容がクリアされます。

◎ホームページへ

談話室は外部のサービスページを利用しており、閲覧時には当会のページとしてでなく新たなページとして表示されます。閲覧を終了して当会のホームページに戻りたいときは談話室ページそのものを閉じてください。閲覧直前の当会のページが表示されます。

◎自分の投稿の編集・削除

投稿後にその投稿内容を削除したい場合は、やはりページ下にある「自分の投稿の編集・削除」ボタンをクリックして下さい。削除したい投稿の頭にあるチェックボックスをクリックしてから、「印を付けた投稿を削除する」ボタンをクリックするとそれらが投稿画面から削除されます。尚、他の人が投稿したものは投稿者と管理者以外は削除できませんので、不適切な投稿を見つけた場合などはメールボックスから管理者までご連絡下さい。

そのほかにも説明していないボタンやリンクの張られている部分がありますが、これらは談話室とは直接関係がありません。

toTop

メールボックス

メールボックスは、当会の管理者への諸連絡に使用するe-mailです。 横浜帆船模型同好会に対するご意見、ご質問や要望事項 、さらに入会を希望される場合の申し込み等の場合は上欄の ClubMaster を、 当Webサイトに関するご質問、ご意見等の場合は下欄の WebMaster をクリックして下さい。 いずれの場合でも、 送信先アドレスは既に入力されていますので、件名と本文のみを入力して送信して下さい。メールソフトをわざわざ起動しなくても指定先にメールを送信することができます。

toTop

リンクサイトは、私たちと志を同じくする他の帆船模型同好会や個人の方、帆船用品を扱っている企業など、帆船に関するサイトをまとめて紹介してあります。現在のほかにもまだ多くのサイトがあり、皆さん大いに頑張っていますので、これからもできるだけそれらのサイトをご紹介していきたいと思います。 このページは、入力等の作業は一切必要ありません。リストをご覧になって、見てみたいサイトの名前をクリックするだけです。

toTop